テクノロジー

スマートメルター🄬は先進的なレーダー技術を基盤に構築された最先端の解決法です。炉壁の摩耗領域を検出する為、レーダー・イメージとコンピューター断層撮影のアプリケーションをカスタマイズしました。摩耗データと煉瓦の厚みを計る為に、特許取得済みのセンサーが炉壁に対してレーダー波を発射します。スマートメルター🄬のセンサーからの情報はソフトウェアー・プラットフォームであるXSightと統合されており、正確な溶解炉の健全性を把握する事が出来ます。

Refractory Thicknessセンサー(RTS)

RTセンサーは硝子境界面に対する煉瓦の残存厚を測定します。AZS電鋳煉瓦の様な煉瓦に直接あてがって厚みを測定します。

Furnace Tomographyセンサー(FTS)

FTセンサーは層になった断熱煉瓦における初期の硝子浸潤の場所を検出し、残存厚を測定します。種瓦の断熱煉瓦や炉底に使用されます。

安全な使用

スマートメルター🄬のセンサーは安全に使用出来ます。電気ブースティング装置が稼働していても使用出来、高温に耐えます。

携帯電話より安全です。

スマートメルター🄬のセンサーは携帯電話より安全です。センサーに使用される電波は携帯電話と同じものですが、電波出力はかなり小さいです(100万分の1以下)。

干渉なしに測定可能

センサーは電波出力が小さいので、工場の他の機器に影響を与えません。電気ブースティング装置が炉に装備されていても影響を受けません。電気ブースティング装置がオンの状態でも測定出来ますが、安全の為、電極ブロックには使用しないで下さい。

高温での使用

スマートメルター🄬のセンサーは高温に耐えられる様に設計されており、1,000℃迄損傷を受ける事なしに煉瓦表面に接触させる事が出来ます。センサー自体がある一定の温度を超えると安全の為、使用出来ない様になっています。

簡単使用

トレーニングを受けるだけで簡単に測定が出来ます。

直観的な設計

スマートメルター🄬のセンサーを使用するには、センサーを壁にあてがいボタンを押すだけです。センサーの特長:

自動補正

自動診断

保守不要

センサーを携帯操作盤につなぐと測定可能になります。センサーが故障した時には警告灯が点灯する様になっています。

RTセンサーの使用方法

RTセンサーはAZS電鋳煉瓦に直接あてがって厚みを測定する様になっています。他の摩耗が激しい箇所同様、その煉瓦には空冷がかけられています

FTセンサーの使用方法

FTセンサーは断熱煉瓦に直接あてがって硝子浸潤を検出し、残存厚を測定する様になっています。

測定

アクセスの容易さによって、炉壁の厚み測定の為のマッピングをする時間が違って来ます。400トン/日の炉で、種瓦と断熱煉瓦のマッピングに半日から2日を要しますが、殆どの場合1日で終了します。RTS(Refractory Thickness Sensor)は1回の測定にかかる時間は2秒以下です。FTS(Furnace Tomography Sensor)も2秒以下で測定出来ます。

アクセス補助

前に空冷パイプがあっても、バックステーが邪魔でもアクセスが出来る様に、センサーには色々なアタッチメントが付いています。

温度マッピング

温度とは無関係なレーダー測定に基づいており、センサーは壁の厚みを測定するのに温度情報は必要としませんが、温度マッピングの為に温度を記録しています。XSight ソフトウエアで全体の炉壁の厚みと温度の両方のマッピングを表示します。

スマートメルター🄬のデータ

スマートメルター🄬にはXSight ソフトウエアが含まれています。これで測定データや炉の健全性を見る事が出来、保守や炉に関する記録を電子的に保管出来ます。

データの保管

スマートメルター🄬のデータはパネラテック社のサーバーに保管されます。将来的には顧客のサーバーに保管出来るオプションも用意します。炉の記録をXSight ソフトウエアでオンサイトで見るか、我社のアクセス・プラットフォームを使用してグローバルにアクセスするか出来ます。これにより、複数工場全体の測定ポリシーを強化する事が簡単に出来る様になります。