CLEAR INSIGHT INTO 
FURNACE HEALTH

危険な状態にある炉

Show

危険な状態にある炉に対するリスク管理

炉の操業を管理するにあたって、硝子漏れから作業員を保護する一方、引出量を上げる事、温度を上げる事、摩耗が促進される事、炉の寿命を長くする事を経験します。リスク管理を成功させる為に、危険な状態にある炉には綿密な監視が必要です。

このプロセスを遂行する為のツールはこれ迄、推測のデータでしかなく、これで意思決定を行うしかありませんでした。予定より早く炉修を行う事を決め、保守に不要な費用を費やすといった間違いをメーカーはして来ました。スマートメルター🄬はリスク管理の方法を変え、監視プログラムにより自信を持って炉修を延期するといった事が可能となりました。

リスク管理の新たな基準

硝子製造の歴史の中で初めて炉の実際の状態を測定、監視、及び、3次元による可視化をする事が可能となりました。スマートメルター🄬により種瓦や炉底のどこに硝子が浸潤しているか、場所を正確に検知する事が出来、残存厚を測定する事が出来ます。我々のデータ分析チームが作成した、炉の状態を示した詳細なマッピングにより品質管理が行えます。これらの全ての作業は炉の操業を中断する事なしに、又、知的財産の安全性を損なう事なしに行う事が可能です。炉が危険である状態を通して、硝子浸潤の進行度を定期的に監視する事が出来るので、リスクなしに炉の生産性を向上させる事が可能です。オプションとしてスマートメルター🄬で大迫、スロート、及び、特殊ブロックの測定も出来ます。

危険な状態にある炉の成功例

スマートメルター🄬の使用によりカージナル・グラス社は致命的な硝子漏れを防止し、2号炉の炉修費用を30%以上削減しました。

Show

炉の保守

Show

スマートな炉の保守

炉の不要な所の保守に費用をかけていませんか。費用をかけている場所は間違っていないですか。12月に炉修をやるのが良いとして、どんな修理を行いますか。貴社の冷却技術はうまく行っているでしょうか。翌年の温修で硝子液面をどれ位下げたら良いでしょうか。

過去、これらの質問に対して、全く回答する事が出来ませんでした。保守計画は最良の知識による推測に基づいたもので、目視検査、履歴、及び、温度センサーの情報を集めたものでした。スマートメルター🄬は監視プログラムにより保守プロセスを変えました。これらの質問に答えるべく必要な決定的データを提供します。

炉の保守の新たな基準

硝子製造の歴史の中で初めて炉の実際の状態を測定、監視、及び、3次元による可視化をする事が可能となりました。スマートメルター🄬により種瓦や炉底のどこに硝子が浸潤しているか、場所を正確に検知する事が出来、残存厚を測定する事が出来ます。我々のデータ分析チームが作成した、炉の状態を示した詳細なマッピングにより品質管理が行えます。これらの全ての作業は炉の操業を中断する事なしに、又、知的財産の安全性を損なう事なしに行う事が可能です。特定箇所に保守のターゲットを絞る事により炉修時期、及び、予算計画を改善する事が出来る様になりました。オプションとしてスマートメルター🄬で大迫、スロート、及び、特殊ブロックの測定も出来ます。

状態に基づいた保守の成功例

リビー・グラス社はスマートメルター🄬の監視により、炉の寿命を25%延ばす事が出来ました。

Show

データを基にした決定

Show

炉の操業についてデータを基にした決定をする

設計、材料、テクニック、又は、操業中に溶融するであろう原料について、キャンペーンの早い段階で決定する必要があります。これら操炉に関する決定が、炉の健全性にいかに影響するかについて早い時期にわかれば如何でしょうか。

傾向を特定し、予測するのに必要な詳細データは過去にはありませんでした。キャンペーンの後半になってみないと、炉の寿命を延ばせるかどうか判断出来ませんでした。しかし、スマートメルター🄬での監視により、効果がはっきり出る事がわかるので、顧客は何が起きているのか知る事が出来ます。どの様な調整が必要か、損傷がどの様に変化するか、キャンペーンの初期段階で特定する事が出来ます。

硝子種類の決定

炉の状態を前もって評価する事により、他の種類の硝子がその炉で製造可能かどうか、スマートメルター🄬で判断する事が出来ます。例えば、鉄分を余り含まないロー・アイアン硝子の溶融が計画されている場合、炉底が高い温度に耐えられるか、摩耗が促進されないかスマートメルター🄬で判断出来ます。

熱上げに問題がなかったかの評価

炉の熱上げ時に時として予想外の問題が発生する事があります。膨張代がしっかり閉じない時があり、そこから断熱煉瓦に硝子が廻る事があります。危険な問題であるのに検出されないまま、立上げ後数ヶ月して衝撃的な硝子漏れとなります。熱上げ直後に、スマートメルター🄬での測定により即座に問題点を特定する事が出来るので、硝子漏れに対して必要な予防策を講じる事が出来ます。

炉の保守の新たな基準

硝子製造の歴史の中で初めて炉の実際の状態を測定、監視、及び、3次元による可視化をする事が可能となりました。スマートメルター🄬により種瓦や炉底のどこに硝子が浸潤しているか、場所を正確に検知する事が出来、残存厚を測定する事が出来ます。我々のデータ分析チームが作成した、炉の状態を示した詳細なマッピングにより品質管理が行えます。これらの全ての作業は炉の操業を中断する事なしに、又、知的財産の安全性を損なう事なしに行う事が可能です。既存炉の傾向を特定出来るので、将来の計画決定に役立ちますし、キャンペーンの初期段階で当テクノロジーの評価が出来るので、必要に応じて調整が出来ます。

Show

感謝の言葉

スマートメルター🄬監視プログラム

スマートメルター🄬監視プログラムは、顧客の炉の年齢と状態を基にしたニーズに合わせてカスタマイズされています。どの炉を監視したら良いのか、炉のどの部分を測定したら良いのか、年に何回測定をしたら良いのか、何年監視をしたら良いのか推薦させて頂きます。

各プログラムには以下のものが含まれます。

ニュース